シャボン玉のお散歩

政治経済・芸術・読書案内など日々の徒然を綴ります。

夏のお茶《HAWAII:KAWAII》

夏のはじめに、Mariage Frères(マリアージュ・フレール)で開催された Tea Club に参加しました。 開始時間10分前には着いたのですが、マダムの皆さまがすでにお集まりで、気合が入っている感じがして、ちょっと気が引けてしまいましたが、ギャルソンの笑顔…

2017年7月 英国旅 ⑰ ミュージカル

昨夏もロンドンで、『Aladdin』を観ました。 この時の感動を忘れられず、今年も『Aladdin』を観に行ってしまいました。日本でも劇団四季で人気の ミュージカルですよね。 主役級のジニーちゃんとアラジンが新キャストになっていました。ジャスミンは去年と同…

2017年7月英国旅⑯ Tate Britain

やっぱりロンドンに来たら、テート・ブリテンは外せない美術館です。 展示替えも行われているので、毎回楽しめます。 イギリスを代表するターナーの部屋《The Turner Collection》があります。2013年東京都美術館で回顧展が開かれたときは人が多くてゆっくり…

源信ー地獄極楽への旅ー

奈良国立博物館で開催中の《一〇〇〇年忌特別展 源信ー地獄極楽への旅ー》に行ってきました。 今年は、往生要集の著者として有名な「恵心僧都」源信の1000回忌にあたります。大和国の出身者である源信にまつわる展覧会を奈良国立博物館が開催するというのは…

2017年7月英国旅⑮ Tate Modern

連日、お天気に恵まれて、はじめてテート・モダンに行ってきました。 火力発電所を美術館に改装した現代美術中心の美術館です。 テムズ川挟んで対岸にセント・ポール大聖堂があります。 ロンドン市交通局のサイトで、バス路線を検索・確認して、ホテルから向…

横浜高島屋 ウルトラセブン展

5月GWに行った京都高島屋のウルトラセブン展が、横浜高島屋で始まりました。 物品も、展示も長蛇の列‼️ 京都高島屋で、ゆっくり見れてよかった。 京都高島屋で売り切れのアンヌ隊員写真集、横浜には置いてなかった(>_<) DVDの宣伝も兼ねて、最終回やいくつか…

2017年7月英国旅⑭ PROMS

昨年も観にいったロンドン夏の風物詩BBC主催『PROMS』に、今年も行ってきました。Royal Albert Hall (ロイヤル・アルバート・ホール)をメインに100以上のコンサートが開かれるという、世界最大のクラシック音楽祭です。 「普段、クラシックコンサートに訪…

2017年7月英国旅⑬ National Gallery

ロンドンに行くたびに、足を運んでしまう美術館のひとつがトラファルガー広場にあるナショナル・ギャラリーです。いつも展示されているもあれば、所々入れ替えもあり、毎回、外すことができません。 どれもこれも、美術全集や美術の教科書に出てくるものばか…

2017年7月英国旅⑫ The Wallace Collection

『The Wallace Collection(ウォレス・コレクション)』は、オックスフォード・ストリートにあるSelfridgesの裏手、徒歩数分のところにあります。昔、侯爵が暮らしていたお屋敷をそのまま美術館にしています。 15世紀から19世紀にかけての絵画、家具、陶磁器…

2017年7月英国旅⑪ 再びロンドンのホテル

不思議ツアーを終えて、ロンドンに戻ってきました。 ホテルは再び『The Nadler Victoria』です。5連泊するので、部屋は一つ上のランク《スタンダードダブル》にしました。大きなスーツケースを2個、広げる余裕があり、帰りのパッキングが楽でした。 バスタブ…

『荒木経惟 センチメンタルな旅1971-2017』展

東京都写真美術館に行ってきました。 荒木さんが亡き妻陽子さんに焦点を当てた『荒木経惟 センチメンタルな旅1971-2017』展を見てきました。 出会いから病気になる前までは、どこか尖った感じの陽子さんが、病を患ってから死を迎えるまで、穏やかな素敵な表…

写真展『写真家チェ・ゲバラが見た世界』

東京都写真美術館のお隣ガーデンホールで行われていた『写真家チェ・ゲバラが見た世界』にも足を運びました。 革命家のイメージが強かったので、こんなに世界を回っていたとは驚きです。 広島を訪問した際の写真も数点ありました。 この写真を見ると、チェ・…

Twitterはじめました!

黒いぐるぐるちゃんが、ブラックな辛口コメントをツイートしています。 ★ちょっとブラックなので、お気を付けください★ 黒いぐるぐるちゃん (@kuro_guruguru) | Twitter

映画『夜明けの祈り』

『夜明けの祈り』は、実話に基づく映画です。 第二次世界大戦後、ドイツが撤退したポーランドにはソ連軍が侵攻してきました。ある日、ポーランドの田舎町の修道院にソ連軍が侵入し、修道女が陵辱されたうえ、数人の修道女が身ごもってしまう悲劇が起こります…

生誕140年 吉田 博展 -山と水の風景-

損保ジャパン日本興亜美術館「吉田 博展」に行ってきました。 故ダイアナ妃が来日した際に、自ら画商を呼び寄せ、吉田 博の木版画を買い求めたと言われています。いまだに世界中で愛されているダイアナ妃効果か、平日にも関わらず、大盛況でした。それでも、…

【再訪】山種美術館『川端龍子 -超ド級の日本画-』

山種美術館『川端龍子 -超ド級の日本画-』に再訪しました。 展示期間始めに訪問した時は人もまばらでしたが、日曜美術館で紹介された影響でしょうか、平日にも関わらず、結構、混んでいて驚きました。テレビの影響は大きいですね。 前期と後期で入れ替えが…

東京ステーションギャラリー『没後40年 幻の画家 不染鉄展』

東京ステーションギャラリーで開催されている『没後40年 幻の画家 不染鉄展』に行ってきました。 日曜午後でしたが、混雑は酷くなく、落ち着いてゆっくりと鑑賞できました。 不染鉄は、第1回帝展で初入選し、京都市立絵画専門学校を首席で卒業したにも関わら…

2017年7月英国旅⑩ Avebury(エイブベリー)

エイブベリーは、ストーンヘンジと同様、世界遺産に登録された巨石建造物群のひとつで、ヨーロッパ最大のストーンサークルとも言われています。大平原の中にストーンサークルが点在していて、全部見て回るには1日がかりになるとか。 知名度は、ストーンヘン…

2017年7月英国旅⑨ サンザシの木の丘とホワイトスプリング

『サンザシの木の丘』にあるサンザシの木は、キリストのおじにあたるヨセフが旅の途中で行き着いたグラストンベリーの丘に、自分のサンザシの杖を突き刺したところ、根付き花を咲かせるようになった、と言われています。 そんな聖なる木に対して、とんでもな…

2017年7月英国旅 ⑧ Chalice Well & Gardens

グラストンベリー2日目は、『Chalice Well & Gardenns』へ。 『Chalice well(チャリスウェル)』と、道を挟んでお隣にある『White Spring(ホワイトスプリング)』に聖水が湧きでていると言われています。 『チャリスウエル』はキリストの血が流れていると…

2017年7月英国旅 ⑦ グラストンベリーのホテル

町の中心から徒歩数分の『グラストンベリー・タウンハウス(B&B)』に泊まりました。グラストンベリー・トーにも、徒歩20分もあれば登れます。 チェックイン時間は午後3時でしたが、早朝出発で疲れていましたのでダメもとで、1時間以上も前にホテルに行くと…

2017年7月英国旅 ⑥ グラストンベリーでランチ

かわいいティールーム『Abbey Tea Rooms』で遅いランチをとりました。 お昼時は、小さい店内はテラスまで満席でしたが、ピークを過ぎれば席が空いています。 ツナのホットサンドとハムのホットサンドを注文しました。紅茶はティーバックで差し湯も出てきまし…

2017年7月 英国旅 ⑤ グラストンベリー散策

グラストンベリー・トーを降りてくると、お店も開店する丁度良い時間となって、グラストンベリーの町を散策しました。 『St.Mary Magdalen Hospital 』へ。写真は教会の中のお庭です。 素直に辿っていけば、どこから始めても必ず出口に出れるというラビリン…

2017年7月 英国旅 ④ グラストンベリー・トー

ストーンヘンジを後にして、グラストンベリーに行きました。 聖ミカエルラインと聖マリアラインなど約22のレイラインが交わる相反と調和が融合するイギリス最大聖地といわれるところです。 まだ朝が早かったので、グラストンベリーの町は静かでお店も開いて…

2017年7月 英国旅 ③ ストーンヘンジ

ロンドン2日目は、大きなスーツケースをホテルに預けて、『イギリスどこでもツアーズ』の棟方さんのお迎えで、早朝4時前にホテルを出発しストーンヘンジに向かいました。早朝のロンドンは渋滞もなく、6時前にストーンヘンジに到着しました。 通常はストーン…

2017年7月 英国旅 ② ロンドンのホテル

2日目は早朝からロンドンを離れて1泊2日の小旅行をするので、1日目のホテルは『The Nadler Victoria』の一番小さな部屋のタイプ《スモールダブル》を選びました。 机と椅子1脚が置かれています。 小さな部屋で、なんとか大きなスーツケース1個を開けられる程…

2017年7月 英国旅 ① 羽田→ロンドンのホテル到着

初夏のイギリスに行ってきました。 羽田からJAL(エコノミークラス)で出発です。 機内食は、『パエリアとサーモンのグリル』か『梅酢鶏と菜飯』をそれぞれ選びました。 間食に、ラタトゥイユパン、着陸前に『Airモス焼肉ライスバーガー』が出てきました。 …

サマープディングとココナッツフラップジャック

今月も楽しみにしていた湯河原「Brutish Cake House」英国菓子実習講座でしたが、なんと、お教室の前の晩から発熱。私は行けなくなり、家人の目線での画像です。 ランチはじゃがいもにコールスロー(?)とチーズが挟まされています。 先生の本『英国ティー…

パン屋さん『KUKULI』

田園調布の駅近くにある食パン専門店『KUKULI』行ってきました。 先日午後遅くに訪れたときは、「今日は早くに売り切れてしまって」と申し訳なさそうに店主に言われてしまったので、今回はお昼ごろに再訪いたしました。 どこでも同じですが、美味しいパン屋…

自由が丘『BLOOM'S』

湯河原のお菓子教室に行くようになってから、めったにタルト等お菓子を買うことがなかったのですが、自由が丘に行くことになり、久しぶりに『BLOOM'S』のタルトを買いました。 定番タルト≪ゴルゴンゾーラチーズのタルト≫と暑い季節に爽やかな≪季節限定 夏み…

パン屋さん『空と麦と』

恵比寿に行くと必ず寄るのがパン屋さん『空と麦と』です。 山種美術館の帰りに、久しぶりに行ってきました。 『空と麦と』の代表的パン《黒豆パン》には、黒豆がいっぱいはいっていて、甘くてもちもち美味しいです。 《パンドミ》も頂きましたが、どしっりと…

写真集食堂めぐたま

山種美術館近くにある『写真集食堂めぐたま』でランチをしました。 約5000冊はあるという写真集が並べられています。 一汁三菜にしました。黒米か青菜と生姜のごはんを選べ、おかわりが黒米ということでしたので、青菜と生姜のごはんをいただきました。 から…

山種美術館『川端龍子 -超ド級の日本画-』

山種美術館で開催されている『川端龍子 -超ド級の日本画-』展に行ってきました。 「龍子」と書いて、「りゅうし」と呼びます。女性ではなく男性です。 まだ訪れたことない鳴門海峡の渦を江の島の海を見ながら想像して描いたとされる《鳴門》は群青が多様に…

都議選の結果を見て

やっと、みんなが目覚めて、アベへの批判を強めてきたかと思ったが、その反面、あーまたこの国の民は、東京都議会かつ公明党と合わせてだが、一つの勢力に票を集め大勝させてしまった。 民主主義は、均衡のとれた議員構成でなければ、つまり、ある一定勢力が…

国立新美術館『ジャコメッティ展』 

国立新美術館『ジャコメッティ展』に行ってきました。 身体を線のように細く長く引き伸ばした彫像を広告等で平面でしか見ていなかったので、ゆらりとした彫刻なのかなーと思っていたのでしたが、いえいえそんなことはありません。立体で見ると、力強く、エネ…

バノフィーパイとトリックルタルト

毎月、楽しみにしている湯河原「British Cake House」英国菓子教室に行ってきました。 いつものようにレッスン前に軽いランチをいただきました。 ソーセージロールと自家製クルミパン、プチデザートはメロンと杏仁ゼリーです。 6月は、初夏にぴったりのお菓…

レオナルド×ミケランジェロ 三菱一号館美術館

三菱一号館美術館「レオナルド×ミケランジェロ」展に行ってきました。 三菱一号館美術館へ土日に行くのははじめてで、やはり金曜夜の方がゆったり見られますね。 三菱一号館美術館は歴史ある三菱一号館ビルを壊しておきながら、再現していかにも文化事業に貢…

パン屋さん『est Panis』

初めての所に向けて、ひとりでお散歩するととんでもないことになるのはわかっているのですが、家人にお留守番していただいて、ちょっと遠いところにあるパン屋さん『est Panis』行きました。 案の定、迷子になってしまい辿り着くまでに倍以上の時間がかかり…

美しい絵本『夜の木』

えほんのお店「ティール・グリーン」に再訪しました。 原題《The Night life of Trees》のフランス語版 《La vie nocturne des arbres》と日本語版『夜の木』のご対面です。 数年前にパリに行ったときに、あまりにも美しい版画の絵本でしたので、ひとめぼれ…

LV THE Book #6

先日、Louis Vouitton からカタログ「LV THE Book #6」が送られてきました。 もちろん商品紹介がメインですが、デザイン性にも富んでいて見ごたえがあります。 今年は、巨匠たちの有名な絵画をプリントしたバッグが売りみたいですね!他にゴッホ、ルーベンス…

日曜の夜はウルトラセブン再放送

最近、ウルトラセブンの再放送がTVKで流されていることに気づきました。 子供の頃は、単純に楽しんで見ていましたが、大人になって見ると、結構、突っ込みどころ満載で、皮肉や未来への警鐘も所々に散りばめられていて結構面白い。 「ウルトラゾーン」という…

サントリー美術館『神の宝の玉手箱』

サントリー美術館『神の宝の玉手箱』に行ってきました。 6/21-6/26の期間、修理後初公開の国宝「浮線稜螺鈿蒔絵手箱」の蓋が外され、普段見ることができない裏蓋と箱の中が見られます。 箱の中は布張りになっていて、カルトナージュみたいでした。 化粧道…

5月 日帰り京都③

帰りの新幹線に余裕がありましたので、京都高島屋「三嶋亭」で晩御飯にしました。 さて、「三嶋亭」では、お正月と同様、「すき焼き」を頂きました。 ここの「すき焼き」を頂くまでは、牛鍋=すき焼きだったので嫌いでした。 しかし、「三嶋亭」のは、お肉が…

5月 日帰り京都②

八坂神社の正門(南門)から入って本殿をお参りいたしました。 本殿の辺りがパワースポットらしいです。 境内にはいくつかお社があり、そのうちの一つ美御前社には美人の誉れ高き宗像三女神がお祀りされています。そこには、美容水があり、皆さんお顔にたっぷ…

5月 日帰り京都①

5月連休最後の日、京都に行ってきました。 目的は、京都国立博物館で催されていた「海保友松展」を見ることです。 「学芸員はガン」だと言った愚かな議員がいましたが、そんなことはありません。「墨ができるまで」を丁寧に説明しくれたり、「筆で描く」ワー…

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国

東京ステーションギャラリー「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」の最終日に行ってまいりました。 最終日にも関わらず、割と落ち着いて見ることができました。 アドルフ・ヴェルフリは33才の時に罪を犯し、亡くなるまで精神病院に収容されていました。…

映画『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』を観て...

映画『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』を観てきました。 早稲田の学生との懇談会において、戦前・戦中の新聞記者時代を振り返り、むのけんじさんは、「憲兵がやってきて、こんなことを記事にしてはいけないとかという行為があったわけでもないのに、新聞…

バベルの塔

東京都美術館で開催されている「バベルの塔展」に行ってきました。時間がなかったので、今回の目当ては、ヒエロニムス・ボスとバベルの塔を見ることだけの2点に絞って見てきました。バベルの塔は、思ったより小さい絵だと感じましたが、その小さな空間にチマ…

パスタR1のランチ

世田谷美術館の帰り、久しぶりに「パスタR1」でランチをいただきました。手ごろな価格で全席禁煙なところがよいですね。雰囲気も良く、味もそれなりに美味しいです。お昼のピークを過ぎていましたから、お好きな席をどうぞということで、テラス席へ。前菜の…

エリック・カール展

世田谷美術館で開催されている「エリック・カール展」に行きました。用賀から歩くと遠いので、田園調布からバスに乗ります。 「美術館入口」で降りて、砧公園の木立を通り抜けると世田谷美術館です。 エリック・カールが絵本作家であることは知っていました…