シャボン玉のお散歩

政治経済・芸術・読書案内など日々の徒然を綴ります。

サントリー美術館『神の宝の玉手箱』

サントリー美術館『神の宝の玉手箱』に行ってきました。f:id:biobio33:20170622202813j:plain

6/21-6/26の期間、修理後初公開の国宝「浮線稜螺鈿蒔絵手箱」の蓋が外され、普段見ることができない裏蓋と箱の中が見られます。

箱の中は布張りになっていて、カルトナージュみたいでした。

化粧道具や鏡が展示されていて、昔の道具はもちろん高貴な方のお道具ですが、螺鈿や蒔絵等の細工が施され、それ自体が宝物のようです。

後半に、模造品が展示されていて、蒔絵や螺鈿の模様がはっきりとわかるのですが、経年の煤けた感があるほうが、玉手箱って感じがします。

パリ万博に出品した北条政子の玉手箱が、日本への帰り道、伊豆半島沖で船が座礁沈没し、いまだ発見されていないことが残念でなりません。

 

【追記】今回の図録は玉手箱のようになっています。

    見返しには「浮線稜螺鈿蒔絵手箱」の裏蓋が印刷されています。

 

f:id:biobio33:20170627162941p:plain

 

-今日のおまけ-

f:id:biobio33:20170623233026j:plain