シャボン玉のお散歩

アート・読書案内・旅など日々の徒然を綴ります。

都議選の結果を見て

やっと、みんなが目覚めて、アベへの批判を強めてきたかと思ったが、その反面、あーまたこの国の民は、東京都議会かつ公明党と合わせてだが、一つの勢力に票を集め大勝させてしまった。

民主主義は、均衡のとれた議員構成でなければ、つまり、ある一定勢力過半数以上占めると良くも悪くも多数派の方に決まってしまうものです。だから、国政では、衆院参院自民党大勝でアベ一強となり、集団的自衛権しかり、共謀罪しかり、やりたい放題です。あわよくば、憲法も改悪されるところ。(これで少しは憲法改正が遠のいたかな?)

今回大勝した方は、なかなか決められない方なので、調査・批判はするが、やりたい放題というより迷走状態となるのかも。

どうして、学ばないのだろうとつくづく思ってしまいます。

世論調査で「都民ファーストの会」が大勝するような気配があるなら、自民党への批判もあるだろうけど、他の勢力に票を投じることで均衡させようという行為にならないのであろうか?野党が頼りないと言われればそれまでだが。

アイドルの総選挙ではないのだから好き嫌いではなく、故竹田圭吾氏もおしゃっていましたが、争点がなくても、自分でテーマを決めて、意見が合う方を選ぶべきではないかと。

次の国政選挙では、均衡のとれた議員構成になってもらいたいと願うばかり。

 f:id:biobio33:20170703012331p:plain

 

 

 

広告を非表示にする