シャボン玉のお散歩

アート・読書案内・旅など日々の徒然を綴ります。

『荒木経惟 センチメンタルな旅1971-2017』展

東京都写真美術館に行ってきました。

荒木さんが亡き妻陽子さんに焦点を当てた『荒木経惟 センチメンタルな旅1971-2017』展を見てきました。

出会いから病気になる前までは、どこか尖った感じの陽子さんが、病を患ってから死を迎えるまで、穏やかな素敵な表情に変わっているのが印象的でした。

陽子さんが亡くなってから、荒木さん、空しか撮らなかったようです。空しか撮れなかったんでしょうね・・・。

身近で大切な人を亡くして、しばらくは、大袈裟かもしれないが空しか見ることができなかった。空を見ていることで、癒され、思い出し、涙し、雲が流れていくように哀しみも流れていく・・・

そんな思いだったんでしょうか。

荒木さんの陽子さんへの深い深い愛情が感じられる、そんな写真の数々です。

穢い部分もキレイな部分もひっくるめて人間なのでしょう。そんな「人間」を撮れなくては本当の写真家とは言えないのでしょうね。

そういう意味で、確かに荒木経惟は、真実「写真家」なんですね。それを実感しました。

 

f:id:biobio33:20170810004058j:plain

広告を非表示にする