シャボン玉のお散歩

アート・読書案内・旅など日々の徒然を綴ります。

【再訪】泉屋博古館 典雅と奇想

木々の葉も少し色づき始めました。

f:id:biobio33:20171113205659j:plain

ブロガー内覧会ではレプリカでしか見れなかった八大山人の《安晩帖 魚図》が見たくて、泉屋博古館『典雅と奇想』展に再訪しました。

f:id:biobio33:20171113205729j:plain

内覧会では慌ただしくて、ゆっくりと落ち着いて見れなかったこともあり、再訪することで、復習もでき、そして気付くことができなかった面白さを発見できました。

まずは、お目当ての《魚図》へ。そして、壁に映しだされる安晩帖の全頁をひととおり見て、《叭々鳥図》、《冬瓜鼠図》も面白くてかわいいなーと。時間があったら、再々訪もありかなー?!とも思ったりしました。

再訪で目が留まったのは、米万鐘《寒林訪客図》です。松に雪が積もって凸凹感があって、松の高さに比して山の高さがアンバランスで、不思議な印象がありました。

小規模な美術館ですが、内容が凝縮されて、好きな美術館のひとつとなりそうです。

会期2017年12月10日